一般歯科

虫歯について

虫歯イメージ

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。
虫歯はほかの病気と違って、原因を取り除いても、自然に治ることはありません。
虫歯は、進行度合いによって次のように分類されます。

C1

虫歯イメージ:C1

歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。
(痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる。)

C2

虫歯イメージ:C2

虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。
(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。茶褐色や黒っぽくなっています。)

C3

虫歯イメージ:C3

歯髄まで侵され、大きな穴があいた状態。
(ズキズキと指すような、特有の痛みがある。)

C4

虫歯イメージ:C4

歯肉から上の部分(歯冠 )はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。
(普 通は抜歯になる。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいる。)

このページの先頭へ