審美歯科

1day トリートメント セレック審美治療システム ─ CEREC 3

cerec3は通院1日、最短1時間での治療も可能です。

オリジナルに限りなく近い詰め物や被せ物を、その場で設計・加工、仮歯不要で衛生的な方法です。
症例によって異なりますが、通院1日・最短1時間での治療も可能です。

コンピュータによる
精度の高い修復物。

先進のコンピュータシステムは、隣接あるいは反対側、または対合歯の形から患者様の固有の形を自動的に復元します。
このため従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した、高品質・高精度の修復物を提供することが可能になりました。

cerec3イメージ

オリンパス社製クリスタルアイ(コンピューター色解析システム)

虫前歯に被せ物をするとき、回りの歯と色を調和させることは非常に高度なテクニックを要求されます。

アーク歯科・矯正歯科ではクリスタルアイというコンピューター色解析システムを用い、コンピューターの客観的な診断とドクターによる経験の両方をミックスすることにより、周りの歯とのよりレベルの高い色の調和をはかっています。
特にオールセラミックス、ジルコニアオールセラミックスの症例では非常に有効です。

虫歯イメージ

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても使用されており、お口の中の様々な状況に耐えられる強度をもっています。
また、金属アレルギーなどの心配がない材料で、人工関節としても使用されているほど体に優しい素材です。
光透過性があるので人工歯に使用すると天然歯と同じように自然な感じになります。

現在の歯科材料の中では美しさと強度を兼ね備えた最高の材料といえるでしょう。

  • ジルコニア治療前
    ジルコニア治療前

  • ジルコニア治療後
    ジルコニア治療後

オールセラミック

普通、白い差し歯や被せ物の歯でも、内側は金属です。内側が金属だと、光を透過しないので、透明感が充分でない場合があります。
また、奥歯では金属の裏打ちのある被せ物では硬すぎてしまう事も多いです。
オールセラミックスとは金属を全く使っていない白い人工の歯です。金属を使わない分、透明感もあり、硬さも天然歯に近く、審美的欲求を満たすのには一番最適です。

セラミックインレー

奥歯のつめものには金属をよく使いますが、口を大きく開けた場合などに気になることがあります。
セラミックインレーを使うと歯と同じ色で、境目も分からないように白くできます。
金属を全く含まないので、アレルギーの心配もありません。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を最も美しくするセラミックス治療方法の一つです。
表面全体を一層削り極薄セラミックスを張り付けます。表面全体のあらゆる色調の不調和に用いられます。変色やしま模様、先天的なテトラサイクリンによる色の不調和(茶色の縞模様、灰色の縞模様、白濁)に非常に高い効果を発揮します。
歯の表面を一層削り極薄セラミックスを張り付けます。

  • 治療前
    治療前

  • 治療後
    治療後

メタルボンド

メタルボンドは、歯を全体的に覆う金属のかぶせ物を製作し、その上にセラミックスを焼き付けていく方法です。
歯根部分しか残っていない場合や、永久歯を部分的に失ってしまった場合にも適応できます。鋳造冠の長所とセラミックスの長所を併せ持ち、ブリッジやインプラントにも対応できるため、先進諸国ではポピュラーな治療法のひとつとなっています。
しかし、金属の種類によっては歯肉の黒ずみやアレルギーなどのリスクもあります。

  • 治療前
    治療前

  • 治療後
    治療後

ハイブリッドインレー

ハイブリッド・セラミックスは、セラミックの持つ審美性と耐久性、硬質レジンの操作性をあわせもったものです。
そして対合歯に優しく天然歯と同じように磨耗をします。
主に部分的な詰め物として使用します。比較的安価にてご利用頂けます。
奥歯に金属の詰め物がされていたり、これから詰め物をする際、金属が気になる場合に詰める、白いセラミック製の詰め物です。

このページの先頭へ