矯正治療の流れ

初診

概要を説明します。

検査

歯の型、かみ合わせ、口腔内写真、顔写真、レントゲンなど採得します。

診断

不正咬合の種類、治療方法の提示。矯正治療基本料金の決定、その他。

動的治療開始

固定式矯正装置による治療を開始。
来院間隔は3~4週間に1度。歯磨き指導もあわせておこないます。

動的治療終了
保定開始

矯正装置をはずし保定装置による後戻りの防止。
程度が良ければ来院間隔をあけていきます。

終了

矯正装置について

[メタル] ─ 通常の矯正装置

歯面にブラケット(金属の装置)がつきます。

メリット

  • 装置が壊れにくい
  • 装置とワイヤーの滑りが良く、歯の動きが若干早い

デメリット

  • 目立つ
歯科矯正装置:メタル

[セラミック] ─ 白く半透明な装置

形はメタルブラケットと同じですが、色が白なので目立ちにくいです。

メリット

  • 目立ちにくい

デメリット

  • 金属に比べて多少弱い
歯科矯正装置:セラミック

[リンガル] ─ まったく見えない装置

歯の裏側にブラケットをつけるため、矯正治療をしていることが、まず分かりません。

メリット

  • 全く外から見えないため、人にわからないまま矯正治療がおこなえる

デメリット

  • しゃべりにくい
  • 舌に当たりやすい
歯科矯正装置:リンガル

[インコグニート]

最新の痛みが少なく発音障害のほとんど無い“インコグニート”ができました。

歯の裏側からの矯正装置の短所として
①しゃべりづらい
②舌があたって痛い
③歯の動きが遅い

などをすべて改良した最新のインコグニートという装置をご紹介します。
今やヨーロッパなどでは主流になりつつある装置です。
以上の短所をすべて解決した画期的な装置です。
現在発売されているリンガル矯正装置の中では最も優れているといっても過言ではありません。患者様の快適さがまったく違います。
コンピューター計測による患者様一人ひとりに装置を作る完全オーダーメードです。
最終的に人間の手を加え仕上げしておりますので完璧です。

この装置は患者様の快適性と治療効果という面で自信を持ってお勧めできます。
日本ではまだこのシステムをおこなえる先生はそう多くないと思いますのでぜひご相談ください。

歯科矯正装置:インコグニート1
歯科矯正装置:インコグニート2

[クリアティーSL]

表からの矯正装置で
①審美性が良い
②治療スピードが早い
③痛みが少ない
④清掃性がよい(汚れがつきにくい)
などの利点がたくさんあるシステムです。

歯科矯正装置:クリアティーSL

[インビサラン]

透明なマウスピースを用いておこなう矯正治療です。
患者様はただ透明なマウスピースをはめておくだけですので簡単ですが症例によっては使えない場合もあります。

歯科矯正装置:インビサラン

矯正治療についてのQ&A

矯正治療は何歳くらいから始めればいいの?

早い子で3才くらいから始めますが不正咬合の状態によって異なりますので一度専門医にご相談下さい。

成人になっても矯正はできるの?

大丈夫です。歯と歯周組織がしっかりしていれば問題ありません。 当クリニックでは成人の方がたくさん治療をされております。
最高齢では60以上の方もされておりますのでご安心を。。。

矯正では歯を抜くと聞きましたが、抜かなくてもできますか?

最近歯を抜かない矯正治療がはやっておりますが日本人の顎にそれをすべて当てはめる事は不可能と考えております。
もちろん何が何でも歯を抜くと言う事ではありません。顎の大きさと歯の大きさと口元のバランスを考えて治療方針を決定し、患者様とお話をしてご納得いただいたうえで治療に進みます。
患者様が矯正治療をして本当に良かったと思っていただけるような治療を心がけています。

矯正装置が目立つのがイヤ?

当クリニックでは装置が透明で目立ちにくい装置や、歯の裏から装置を付ける舌側矯正を行っております。
舌側矯正においては日本で約50名しかいない認定医の資格を持っておりますので、技術の面では安心してお任せ下さい。

痛みがあると聞きました?

痛みに関しては、装置付け始めにありますがすぐに慣れます。
また、当クリニックでは患者様の痛みに対する負担を出来るだけ少なくするように治療しております。

来院間隔は?

3~4週に一度のアポイントを取っております。
通うのが遠くて大変という方には長めのアポイントでも結構です。
当クリニックでは日本各地から通ってくださる患者様もいらっしゃいます。

矯正治療の料金について

トータルフィーで安心

矯正治療の場合、歯の動きには個人差がありますので、計画していた治療期間よりも長くなることがあります。そんなときでもトータルフィーで安心です。
患者様は大体治ってくると「これくらいで終わりかな?」と思われる方もいらっしゃいますが、ドクター側からすると細かな噛みあわせ等、完璧に治療するまで妥協は許しません。そういった場合、治療は終わらず毎回の処置料金はかかってしまうので、患者様からの不満の声を頂くことがございます。トータルフィーであれば処置料がかからず、患者様も安心して治療に望めますし、ドクター側からも納得のいく治療をしやすくなります。

私達のクリニックでは毎回の処置料金分も矯正の料金に組み込み、トータルフィーとして、よりよい治療を目指します。

料金表

検査料 ¥37,800
診断料 ¥5,400
矯正治療基本料金
部分治療 ¥108,000~
小児治療(乳歯期) ¥108,000~¥162,000(トータル)
第1期(~12歳頃まで) ¥302,400~¥356,400(トータル)
第2期(12歳頃~成人) ¥756,000~¥918,000(トータル)
透明なマウスピースを使用した治療の場合 ¥799,200~¥1,026,000(トータル)
上顎が裏側、下顎が表側の装置を使用した場合 ¥1,134,000~¥1,242,000(トータル)
上下顎とも裏側の装置を使用した場合 ¥1,350,000 ~¥1,458,000(トータル)
毎月の処置料 ¥0
保定装置代金 ¥0